スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

【3Dころころ隊士】雪の日のお礼に 1 

はい!


なるほど、此れが雪うさぎか…

可愛いでしょう?
斎藤さんに差し上げます!





こ、此を貰ってどうしろと?




もしかして、こういうのお嫌いでしたか?


いや、手が・・・
手が随分冷えている、部屋に戻って暖めた方がいい。










この雪うさぎは有り難く受け取っておく。

すぐに溶けて無くなってしまいそうなのが残念だが・・・









その・・・
出来ることなら、来年もまたこうして雪うさぎを作ってはくれまいだろうか・・・


お…


お…


俺の…


俺の為だけに・・・・







新選組、三番組組長斎藤一

彼は先程の回想の後半部分を言いそびれた事を激しく悔やんでいた。

あの後でも、時間を置かずにサラリと伝えても良かったのだ、第三者からしたら他愛の無い実に初心な悩みを胸に秘めたまま早三月

最早、雪うさぎを贈った千鶴でさえ時間が経ちすぎた卯月の今日…この季節に突然、それも来年の雪遊びの約束を申し込まれた所で首を傾げるであろう。


今から来年の話をしている等、鬼が笑うどころではない。

大爆笑である。






新選組一寡黙で、時折何を考えてんだかわからねぇ等と敬愛する土方にまで密かに言われている斎藤とて、年頃の男子


今回は策があったのだった








先日、平助より薦められた『アイツが旨いって言ってた甘味処』で買い求めたこれ。


これさえあれば時をあの日に戻し、言いそびれたあの約束を取り付ける事ができるはず!









斎藤は口のなかで何度も【雪うさぎ大作戦】の段取りを復習しながら勝手場に茶を淹れに向かったのだった。




いつもは監察方の連中にも負けない程に気配に鋭い彼が縁台の向こうの人物に気づかなかったのは、やはり緊張していたのだと理解して戴きたい。






さて、影から斎藤の独り言(駄々漏れ)を聞いていたこの男は斎藤が置いていった包みを一瞥し、ふんと鼻を鳴らすと鬼らしくフリット げふん
風の様な早さでその場から消えると______









ほんの四半刻で戻ってきたかと思えば
何食わぬ顔で己が持ってきた嫌味たらしい包みと、斎藤の包みを取り替えてしまったのだった。






『ふん…この様な安物で我が妻の気を引こうなどと愚かな!犬如きが図々しい』


人の家に勝手に上がり込んで図々しいも何もこの男に言われる筋合いは誰にも、何処にもないのだが


残念ながらそれを突っ込む者はこの場にはおらず。








斉藤渾身の【雪うさぎ大作戦】の要ともなるらしい包みが、悪意と私欲に満ちた手によって入れ替えられてしまったのでした。






さてさてどうなる?
続きはまた次回


今回使用した雪うさぎのミニチュアはトシゾーと同じ方の作品を使用させて頂きました猫と同様羊毛製で隊士達のおて手にサイズピッタリでした(笑)
ゆたかさん、ゆたかさんのお姉様、素敵な作品をありがとうございました



拍手ありがとうございました!
良かったら、応援クリックお願い致します
にほんブログ村 コレクションブログ 韓国・海外ドールへ
にほんブログ村
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nindindo.blog.fc2.com/tb.php/812-4b236f54

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 塩素とキャラメル味弐号館 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。