スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

【3Dころころ隊士】雪の日のお礼に 3 



結局、落としたのは私のせい否、俺があのとき手を離してしまったから…で更にひと悶着。

折角の茶と出来立ての菓子が固くなっては敵わないという斎藤の一言で、当初の選んだ通り千鶴は雪うさぎの餅菓子を

斎藤は小鳥の練りきりを選び席についたのだった。










まあ、兎型の菓子が2つ入っていなかった時点で既に予定は狂っているのだが

小鳥の菓子ではどう切り出して良いかわからず、斎藤は黙って皿の縁をなぞりながら項垂れていた。




『これでは何も伝えられぬ・・・』









一方千鶴は、紆余曲折あってうっかり自分から斎藤の手を握ってしまう等という大胆な事をしてしまったが、恥ずかしさからくる動悸も収まってしまえばそこは年頃の娘。

甘いお菓子はやはり嬉しく

見れば見るほどぽってりまるい雪兎の餅菓子は柔らかくて可愛くて。

千鶴もまたあの雪の日の事を思い出していた。











『あの・・・
 斎藤さん!

 こんな可愛らしいお菓子を頂戴してしまって私、何のお礼もできないのですが

 その・・・
 良かったらこの兎のお返しに

 来年も雪が降ったら、今度はもっと上手に作りますから、その時はまた雪兎を受け取ってくださいませんか?』















『・・・・・っ!あ、ああ勿論だ』



なんと!起死回生とは正にこの事也。









『良かった!では約束ですよ?』




『あ、嗚呼・・・承知した。』




『ふふふ
 そうしたらきっと、雪が消えた頃に斎藤さんがまたこうして、甘い雪兎をお返しに下さるんじゃないかと思うんです』





『ふっ・・・・それでは、何時まで経ってもお返しが終わらぬな』







はい!そうですっ!
 欲張りな約束でしょう?

ですから、また次にお返しをするまで斉藤さんは元気でいなくてはいけないんですよ、もうお約束しましたからね!
 取消しは伺いませんから』





『・・・・・・・!!』








組の中でも剣の腕は指折りの斎藤でしたが、今回の勝負は細腕の娘に一本取られてしまった様です。




このやりとりの後、残ったお菓子は屯所の皆にも声をかけて一緒に頂きましょうと言い出した千鶴に【あの約束】を皆ともするのかとやきもきする斎藤が、小鳥の練りきりを握りつぶすまでもう少し。






どうか、明日も明後日も

また季節が変わっても

皆が健やかでありますように______



次回おまけ編



拍手ありがとうございました!
読んだよとポチッと押して下さるととても励みになります
にほんブログ村 コレクションブログ 韓国・海外ドールへ
にほんブログ村
web拍手 by FC2

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nindindo.blog.fc2.com/tb.php/814-c7f0cedc

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  まとめ
copyright © 2005 塩素とキャラメル味弐号館 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。